FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※必ずこちらの記事をご一読ください

 ここは、ヘタリア中心その他よろずの二次創作ブログです。
 
 意味の解らない方は、見ても楽しくないと思われますのでご遠慮下さい。
 転載等も絶対にご遠慮下さい。
 当然のことながら、両者共々原作とも関係のないフィクションでございます


 【更新履歴】

 最終更新日:2012/04/07 

 2010/7/25 ブログ設立&公開(後悔
スポンサーサイト

目次(ヘタリア)

 A/P/H/ヘタリア

 概要:基本パラレル長編しか書きません。何か感極まったら、普通の短編も書くかも。学ヘタとかも。


 【目次】

 短編

 虎になるとき(学ヘタ/蘭日/英が不憫)
 恋の成れの果て(蘭日中/日本の初恋話/R15
 咲かずの花 前編 中編 後編(蘭日中/↑の続編的なもの)
 もう幾つ刻むと(蘭日/大晦日年越しネタ/R18
 果報は寝て待て(蘭日/ひどアン潜伏期間)
 待ち人たちの暇潰し(露日/↑のオマケみたいなもの) 
 答えは、いつも此処にあるUP(日湾前提の湾+日/親子パラレル/「待て、続編&本編」)


 中編
 
 Calling you [1] [2] [3] [4] [エピローグ](日台/湾ちゃんとの邂逅エピソード)
 そこにあるがままを [1] [2] [3] [4](蘭日/後天的女体化/R18


 長編

 ほんだ1/2!(蘭日前提日総受け/らん○パロ/にょた
 連載中
 本田菊(♀)は人より少々(かなり)変人の類に好かれる体質を持つ、男装の若き無差別格闘家。
 しかし、中国での修行中、ブラコン兄貴の愛暴走により呪われた泉・男溺泉に落とされてしまう。
 水を被ると男に変身するという異常体質となった菊はその後いろいろあって帰国するが、そんな
 彼女を待っていたのは、居候先のゲルマン一家との婚約騒動と数々の在日外国人という名の変態
 変人どもの洗礼であった。
 
 優しさと容赦が不足気味の少々スレたオンナでオトコな本田菊が、アルカイックスマイル炸裂で
 立ちはだかる強敵を蹴散らしたり、フラグを立てたりブチ折ったりしながら本命とのフラグを
 きっちり回収していく力技ラブコメパロディ!


 登場人物云々

 第一話『参上! 本田菊の事情』
 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 あとがき①
 第二話『突撃! WW学園の陰謀』
 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 
 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 あとがき②
 第三話『逆襲! 生徒会長の報復』
 36 37 38 39 40UP



 EX(番外編、幕間etc)

 逃走前夜(誰かといつかの本田の雪の日のこと)

企画目次

一周年企画『学園ヘタリア:The Scramble』

 あらすじ:
 北の大国ロシアを撃破したことで、名声を得た亜細亜の島国日本。
 しかし、療養のために申告した休学を皮切りに、彼は学園から姿を消した。 
 
 それから150年後、オランダが生徒会に粛清されて大敗に崩れる。
 従属国であり長年連れ添われてきた台湾は、亜細亜のリーダーである中国へと返還されるが、
失った日々へと愛着が捨てきれず、現状にも馴染めないまま鬱屈した日常を過ごしていた。

 そんなある日、気晴らしに出向いた日本にて台湾はアクシデントから偶然『日本』と出会う。
 ギスギスした学園の外にささやかな憩いの場所を見つけた台湾に一条の光が射したかと思われた。
 ところが、日本が長い沈黙を破り、復学を果たす。

 
「どうか――――私のものになっていただけませんか」


 閉ざされた学園と台湾にロマンの嵐が到来!
 一つの敗北の裏に潜む陰謀を暴き出せ!

 書き手の厨二病が止まらないっ。
 サイト開設一周年記念にて贈るハードボイルド仕立て学ヘタ長編!



【登場人物&世界観】
 
【本編】

 プロローグ up

目次2(その他ジャンル置き場)

コード/ギアス

概要:三年の時を経て湧き上がった管理人の最終回への反逆精神により、特設。
   基本、テロ皇子にて後の悪逆皇帝が右側固定総取り。主に、スザルルとナナルルとCルル。


【目次】


長編


姫騎士物語(ルルナナ逆転/本編沿い?/スザルル、ルルナナルルベースでルル総受け)
(連載中)

 光と自由を奪われた兄。
 死んでいると否定された妹。
 母を奪われた兄妹に残されたのは、互いの存在だった。

 そして、棄てられた国で彼らは運命的な出会いをする。
 兄妹と少年の絆は、『再び』悲劇へと誘われるのか。

「私たちが選べる道は、少なかった。だから……」 

 全ては最愛の兄のため。
 少女が行く先で辿りつく真実とは―――― 



プロローグ

【01】運命胎動       
【02】仮面の騎士   10 11 12
【03】学園天国 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
【04】黒の騎士団

 ………(追々タイトル追加予定)





家庭教師ヒットマン/REBORN

概要:主に原作再構成の長編。そこから発生した短編を書く、かもしれない。
   全編もれなくスレツナ仕様。ご注意を。(現在きまぐれ更新


【目次】

長編

無冠のアウグストゥス(ツナ京ベースツナ総受け/原作再構成/スレツナ仕様/若干パラレル)
連載中
少年には狭苦しい世界に閉じこもっていた。
己の全てを最愛の母に捧げるべく。
あらゆる好奇心、向上心を押しつぶしていた。
胸に芽生えた淡い恋心さえも。

そんな彼が閉じこもる殻をブチ破って入ってきた理不尽な赤ん坊との出会いから、
沢田綱吉少年の新たな日常が幕を開ける――――

銃弾と死ぬ気と珍妙な出会いに彩られる世界で、ダメツナこと綱吉は愛する平穏を取り戻せるのか!?

これは、まだ己の運命を知らない男の物語。


【00】少年が抱いた大志
【01】まさしく運命的な出会いだった         あとがき
【02】彷徨い猫に懐かれました   あとがき
【03】飛べないヒーローはただの野球馬鹿だ    あとがき
【04】馬鹿な子ほど可愛いっていうけれど   あとがき
【05】恋に落ちるは、棚からボタモチ  あとがき
【06】俺の名前を言ってみろ   あとがき
【07】死ななきゃ直らない   あとがき
【08】雲は掴めず、 UP


短編

かの光の人(獄ツナ)
ヒーローが死んだ日の後日談(山ツナ/オリキャラの第三者視点で進行)
野球馬鹿が助かった日の後日談(山ツナ/↑の続き?)
星空の下の運命 前編 後編(ランツナ)
はだかの王子様 前編 後編(ハルツナ)
好奇心は退屈を殺す(シャマル&リボーン)UP

好奇心は退屈を殺す

※今回ばかりはCP要素皆無です
※シャマルとリボーンのみ出演
※【07】終了直後あたりの裏話です
※いろいろ捏造入ってますが、ご了承ください


続きを読む

それでも生きていく


 あの3月11日が一年を経て再び巡ってきました。

 過去と割り切るにはあまりに爪痕は深く、現在と捉えるには忌々しい。

 だからこそ、いつかその痛みが癒える未来を人は目指して歩みを止めまいとするのか。


 一年経ったか、としみじみ思いつつ、そうしているうちにまた一年と過ぎていくのでしょうね。
 

 夜遅くなりましたが――――黙祷。

雲は掴めず、1

続きを読む

あんなこともこんなこともあった


 いよいよ学生生活という括りから卒業する日が近づいてきています。
 本当に20過ぎると急に時間の経過速度上がるなぁ、と実感する日々であります。

 このツンドラ気候のような就活時代においてわかりやすく行き場を探して彷徨う放浪者となってしまった私ですが、人生諦めたらそこで終着点なので、まだまだ這ってでも頑張る所存にござい。

 とりあえず、とうとう一ヶ月放置してしまったから生存報告だけでもしておこうと夜遅くに出没してみました。 

 いろいろ書こうとしていますが、放置しっぱなしのオリジナルに気を引かれたり、闇鍋になりかけているこちらの二次創作を書きたい衝動に駆られたりと相も変わらず私の創作意欲は不安定ちゃんです。

 …………とりあえずは、現在こっち寄りなので明日明後日かにリボーン連載をUPしようと予定しております。

 ガンガン書きたいけど難しい。
 あのお方のターンだからなぁ、と苦戦しておりますが、邂逅はしたのでそこらへんをまずは見てもらおうかと。

 ギアスもそのうち。


 そいではおやすみなさい。

あの親子の喧嘩なんかどうでもよくなった



 最後の見開きはそんくらいの衝撃だった。わかっていてもすげぇ絵面だった。



 ど、ドッペルゲンガーだあああっ!!



 イーピンが見たら真っ赤になって卒倒しかねんな、あれは。



念願の呪解


 先週、ついにリボーン先生が呪解入ったんだが。



 …………何故に、キャラが迷子
 chaosってるのは貴方です、先生。



死ななきゃ直らない あとがき

続きを読む

死ななきゃ直らない2

続きを読む

寒すぎるよ


 北海道の積雪量四十七年ぶりの記録更新とか。
 及ばずとも関東も寒い寒い。
 歩いてるだけでもクるのに、自転車なんて拷問に等しいぜ。

 それでもジャンプは読む。
 厨二患者の意地である。


 そんなわけで今週のリボーンは~


・ヴァリアーVS委員長

 簡単にはいかないだろうと風さん。
 それでも勝つのが並中最強様なのですがね。
 ボスの寝顔が………可愛くないどころの話じゃなかった。心臓の弱い人が夜中見たら気絶しちゃうよ。
 
・ツナさんの決断に揺らぎ為し。 
 
 おそらく彼の脳内には親父ボコる選択肢しかなかろう。
 第一同盟すら不本意すぎたわけだから、「上等だこのやろう」といったところだろう。
 つか、親父邪魔だ呪解時間が惜しいのわかってんならコロネロをもっと見せろやぁぁぁ!(読者の叫び)

・現代に至るまでの白蘭さんの事情

 あの戦い、勝っても負けても破滅は決まっていたようです。 
 そりゃゲームはクリアした終わりだ。二周目がないあたりが実際は現実であるが故の嫌なところ。
 ヤツのために散々な目に遭わされたというのに、ユニは救済しにいくとかどんだけ天使なんだ。
 天使ユニによって救われた白蘭の捨て身によりツナが反撃のチャンスを得る。いいぞ、やってしまえ。
 

 話変わるが、銀魂が面白いことになってた。
 ザキとタマか…………とりあえず、あの黒い一ページにはコンビニの立ち読みでなかったら近藤さんと同じことしてた。
 なんせよ面白いことになりそうでヨシヨシ。


死ななきゃ直らない1

続きを読む

姫騎士物語19

続きを読む

プロフィール

天海リョウ

Author:天海リョウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。